先輩 INTERVIEW - 05

徹底したお客様目線で試行錯誤をしながら人で選ばれるガソリンスタンドを目指す。

安川 祐太
2014年 新卒入社 セルフ若江西SS

ガソリンはどこで入れても同じ。目指すのは「人で選ばれるガソリンスタンド」

私が勤務するセルフ若江西SSは、「セルフサービス」のガソリンスタンドです。お客様と必ず接点を持つことができる「フルサービス」とは違い、コミュニケーションの取り方には工夫が必要です。給油機の使い方のサポート、洗車やオイル交換、車検、整備のご案内などの限られた場面で、どのような価値をプラスできるか?お客様に喜んでいただく「チャンス」はどこにあるのか?を常に意識しています。大切なポイントは、やはり「お客様目線」です。ガソリンはどこで入れても同じですが、「人」は大きく変わります。私たちは「人で選ばれるガソリンスタンド」となり、一つでも多くの「ありがとう」をいただけるように、スタッフ全員でともに考え、試行錯誤をしながらお店づくりに取り組んでいます。

アイデアを持ち寄ってサービスに反映。車検などのサービスも順調な伸び。

当社が運営するガソリンスタンドにはフルサービスの店舗も多く、接客方法や商品・サービスのご提案方法などの情報共有を活発に行っています。また、社員はもちろん、アルバイトスタッフの意見や体験談なども共有しながら、様々なアイデアを実践しています。その結果、常連のお客様が増えたり、「ここはセルフっぽくないね」「みんな頑張っているね」というお声をいただけたりするのが嬉しいですね。

エンジンオイルの種類や作業手順、ガソリン以外の商品などに関する知識・ご提案方法を学べる、JXTGエネルギー主催の研修や勉強会にも積極的に参加しながら、「プロのサービススタッフ」としてのレベルアップにも取り組んでいます。おかげさまで、車検やコーティングなどのご用命も順調に伸びており、「お客様からの信頼」を実感できることに大きな喜び・やりがい、サービス業の面白さと奥深さを感じられます。

様々な「気付き」の積み重ねて当社に入社。「選ばれる店づくり」の道へ。

ガソリンスタンドで働く人は「クルマ好き」というイメージがあるかもしれませんが、私自身はもともとそうではありませんでした。大学1年生の夏休みに、飲食店のキッチンと当店スタッフのアルバイトを掛け持ちしたのですが、お客様と接する機会があるガソリンスタンドのほうが自分に向いていると気付きました。そして、声掛けや説明の仕方をみんなで工夫することで、店舗全体の売上が大きく変わることの面白さにも気付きました。
さらに、他店スタッフのほか、本部の上司などと交流する機会にも恵まれ、サンユインダストリアルという会社と、そこで働く人たちの良さに気付き、大学卒業と同時に当社に入社しました。良い先輩、上司、仲間とともに「選ばれる店づくり」ができて良かったです。

就職活動中の学生の皆さんへ

サービス・接客業には基本的なマニュアルがありますが、当店ではマニュアル通りの接客は行いません。みんなでお客様目線に立って、ベストな接客対応、商品・サービスの提供に向けて取り組んでいく面白さがあります。接客・サービスの経験がなくても、みんなで一緒に、ひとつの目標に向かって取り組むことが好きな方、「ありがとう」のひと言に大きな喜びを感じられる方なら、当社で活躍できると思います。教育・研修制度やサポートも充実していますので、ぜひ一緒に頑張っていきましょう。

エントリー

Entry